Home > 最新のお知らせ > 防犯対策通信Vol2『戸建住宅の対策』
 

防犯対策通信Vol2『戸建住宅の対策』

戸建住宅の防犯対策箇所と対策例

キーレスキューサービス  防犯対策のご提案

①玄関扉

玄関からの侵入方法で多いのが、ピッキングやバンピングといわれる不正解錠の手口です。お手元の鍵が古い場合は、早急に防犯性の高い鍵への交換をお勧めいたします。ゴミ出しなどで、ちょっと家を離れる・・・そんな時でも鍵を閉める習慣をつけるようにしてください。この他にも補助錠を取り付けて「ワンドアツーロック」にするなどの防犯対策もあります。

【対策例】
鍵交換・補助錠・デジタル錠・電気錠・防犯カメラ等

②勝手口扉

意外と見落とされがちな勝手口ですが、外からの視線が届きにくかったり、玄関の鍵より防犯対策の施されていない鍵を使用されているケースが多く、空き巣にとっては玄関よりも侵入しやすい場所になります。防犯性の高い鍵に交換する以外にも、植木などで外からの視線を遮っている場合は剪定をする、センサーライトやアラームを取り付けて侵入者を威嚇するなど、様々な防犯対策があります。

【対策例】
防犯カメラ・センサーライト・センサーアラーム・補助錠・デジタル錠・
電気錠

③トイレ・お風呂窓

トイレやお風呂の窓は小さく、格子が付いていたりするタイプが多いと思います。そのため、「ここからは侵入できない」と思い、無施錠にしている方が大勢いらっしゃいますが、格子もものによっては簡単に外されてしまいますし、ルーバーなどの窓も簡単にガラスを外して侵入されてしまいます。窓の上下に補助錠を設置するなどの防犯対策をお勧めいたします。

【対策例】
補助錠等

④掃きだし窓

空き巣の侵入箇所としては最も狙いやすい掃き出し窓。中でもガラスを割っての侵入が多いことから、ガラスに対する防犯対策は必須と考えられます。また、上下に補助錠を取り付けることにより、侵入に倍以上の時間がかかるため、侵入を諦めることにもつながります。この他にも、センサーアラームを取り付けて音で威嚇する、庭に砂利を敷いておくという方法もあります。

【対策例】
センサーアラーム・補助錠・防犯ガラス・防犯フィルム・庭に砂利を敷く

⑤2階窓  ⑥ベランダのある家

1階の窓に比べ、防犯対策がかなりゆるくなっている2階や高所の窓。空き巣はそんな油断を狙っています。ガラスに対する防犯対策の他にも、家の周りに足場となる物が置かれていないか、見通しは悪くないかを確認する必要があります。窓の周辺や窓までに通る道に砂利を引いたり、センサーライトを設置するだけでも効果は得られると思います。

【対策例】
防犯ガラス・防犯フィルム・補助錠・センサーアラーム・庭に砂利を敷く

⑦ガレージ・家の周り

家の周りに草が多くあったり、塀が高い家は見渡しが悪いため、特に空き巣の侵入被害が多くなりがちです。木や草が生えている所は剪定をする、塀やブロック塀で見渡しが悪い場合はブロック塀の1部を柵状の塀に変えるなどの対策をとると効果的です。この他にも、センサーライトやアラームを使用して、光と音で侵入者を威嚇する、庭先には砂利を撒いておく方法もお勧めいたします。

【対策例】
防犯カメラ・センサーアラーム・センサーライト・庭に砂利を敷く

LINET

株式会社リネット
〒132-0023
東京都江戸川区西一之江3-4-12

対応エリア・東京中心 TEL.03-5661-3029
メールでのお問い合わせ
Copyright© 2015 – ‘2017’ 株式会社リネット All Rights Reserved.